toggle
転職や部署異動を検討中の方へ。自分に向いている仕事に就き、最高の成果を上げよう!
2017-01-12

プレイングマネージャーにならないために。「リーダーを引き受ける覚悟をせよ」

こんにちは、適職コーチングの武田友紀です。
転職や部署異動に向けてのコーチングを、対面(東京)・スカイプ・お電話で承っています。
【適職診断】
【適職コーチング】
 
昇進を期にご相談いただくことがあります。
 
異動や転職と違って、部署内での昇進は、部下に目を配りつつこれまでの自分の仕事もこなすケースが多いです。いわゆるプレイングマネージャーですね。
 
 
昇進後しばらくの間、自分の仕事とチームの指揮が同時進行するのは自然なことですが、長期に渡ってプレイングマネージャーである場合、「クライアント本人に、リーダーを引き受ける覚悟が足りない」ケースがあります。
 
本来は職場のリーダーとして専念すべきところ、部下に仕事を任せきれずに自分が動いてしまい、結果としてプレイングマネージャーになってしまうのです。
 
 
157c91f1f7b4169db5f8efc7bc5f01c2_s
 
 
部下に仕事を任せられない要因は
・部下が忙しいことを知っているため、部下に自分の仕事まで割り振れないと感じている
・自分がこれまで担当してきた仕事は、自分がやるのが早いから
・任せられる人材が育っていない
など様々ですが、その根底にあるのは、本人の「リーダーを引き受ける覚悟の不足」です。
 
 
 
リーダーが自分の仕事に時間を割かれ、部下への指示やフォローが送れると、部下の動きが滞ります。
 
リーダーが長期に渡ってプレイングマネージャーであることで、かえってチームでの成果が発揮できない(職場が回らない)状況が続くのです。
 
 
 
昇進したとき、自分がこれまで担当していた仕事を部下に任せ、職場の仕事が回るよう力を尽くすのが、リーダー。
 
職場改善や業務効率化を行わずに、これまで通り自分の仕事も継続してしまえば、プレイングマネージャーです。
 
 
プレイングマネージャーから抜け出せないクライアントに対しては、職場の状況を伺いながら「リーダーを引き受ける覚悟を決めよ」と、促します。
 
 
 
 
昇進するクライアントは
・トラブル時や仕事の進め方について、メンバーからたびたび相談されている
・上司からも認められており、もっとリーダーシップを発揮してほしいと言われている
など、昇進前からすでにリーダー的役割を果たしていた方が多いです。
 
 
これまですでに、リーダーの役割を担ってきた。
あとは、リーダーたる自覚をもち、職場を回す覚悟を持って、役割に専念しよう。
 
リーダーとして動いてきた事実に目を向け、リーダーを引き受ける覚悟をしてください。
 
リーダーがリーダーを引き受け、チームを指揮することで、チームが軌道に乗り始めますよ^^
 
 
◆関連記事
マネージャーに専念することで、プロジェクトが軌道に乗り始めました。(クライアントのご感想)

banner.coaching
 
banner-shindan
関連記事